香奠返しのしきたりとマナー。香典返し専門店「お返しナビ」

香典返しの相場はいくら?基本的な金額とお渡しする際のマナーを解説

香典返しは、香典をいただいたお相手へ感謝の気持ちを伝えるための品物です。香典返しを贈るという機会はそうあるものではありません。相場の金額やマナーをよく知らないという方もいるのではないでしょうか。ここでは香典返しの一般的な相場や、親族などから高額の香典をいただいた際の対応方法などを解説します。

香典返しの包装イメージ

目次

そもそも香典とは?

香典返しの前に、まずは「香典」について簡単におさらいしておきましょう。香典とは故人に対してお供えする金品のことで、葬儀の参列者からいただきます。昔はお花やお香などが持ち寄られていましたが、時代とともに性質が変化し金品を供える習慣へ変わりました。故人に対する供養の気持ちを示すと同時に、遺族の金銭的負担を軽減する意味合いもあります。

香典の金額相場

香典の相場金額は、故人との関係や年齢で異なります。たとえば故人が祖父母で、香典を贈る側が20代で親の扶養内に入っていない場合は、1万円程度の香典を包むのが一般的です。30代では1~3万円程度、40代では3~5万円程度が相場となっています。

香典返しの相場・目安

香典返しとは、参列者の方からいただいた香典に対するお返しの品物です。一般的に、香典返しの金額相場はいただいた香典の半額程度とされています。これは「半返し」と呼ばれていて、たとえば1万円の香典をいただいた際、お返しする香典返しの金額は5,000円となります。なかには、高額の香典を持参してくださる方もいます。その場合は、必ずしも半返しにこだわる必要はありません。

高額の香典をいただいた場合の対応

参列者のなかには、高額の香典を包んでくださる方もいるでしょう。具体的な金額としては、3万円以上、さらに高額になると5万円以上と捉えると良いでしょう。これは、故人を偲ぶ気持ちや遺族の方を想う気持ちが、香典に上乗せされているケースです。とくに故人が一家の大黒柱であったり子どもが未成年であったりした場合には、「これからの生活の足しや支えにしてください」という配慮の気持ちが込められているケースも少なくありません。

そもそも香典は「急な葬儀で大変だと思いますので、ささやかですが今後の助けにしてください」という相互扶助の気持ちから生まれたものです。それに対して高額の香典に対して、半返しをしてしまうと、かえって失礼にあたってしまうのです。この場合、いただいた金額の3分の1程度に相当する香典返しを贈るのが良いでしょう。「品物を選ぶのが難しい」という場合は、お相手が好きな品物を選べるカタログギフトを贈るのがおすすめです。

親族や目上の方への香典返しについて

近しい親族や目上の方から香典返しをいただいた場合も、基本的に半返し~3分の1程度の金額の香典返しを用意します。高額の香典返しをいただいたら、半返しにこだわりすぎず素直に相手の気持ちを受け取り、3分の1程度の金額の品物を贈るのが無難です。香典返しにくわえて、お歳暮やお中元など別の機会でお返しするのが理想的です。さらにお礼状を添えて、感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

勤務先から香典をいただいた場合の対応

勤務先から香典をいただくケースもあります。この場合、会社からなのか、あくまで個人からなのか、それとも有志一同による香典なのかを確認しましょう。会社の福利厚生規定(慶弔規定)を参照するのが確実といえます。個人または有志一同からの香典であれば、お返しは必須です。ただし会社の規定による香典への香典返しであれば、基本的に必要ありません。できれば会社規定と合わせて、勤務先独自のお返し文化についても確認しておきましょう。上司や同僚に「お返しや香典返しは必要か」という旨の確認を取っておくと安心です。

<

香典返しを贈る時期・タイミングに決まりはある?

香典返しを贈る時期としては、四十九日法要を終えた「忌明け後」が一般的です。四十九日法要から2週間以内に、品物を用意して贈ります。ちなみにキリスト教式では故人が亡くなってから30日目(プロテスタントの場合は1ヶ月後)、神式では故人が亡くなってから50日目を区切りに返礼の品を贈るのが慣例です。本来のキリスト教式や神式では香典を渡す習慣はありませんでしたが、近年ではいただいたお花料や御玉串料に対してお返しをする習慣が浸透しています。

香典返しを当日返しする場合の相場は?

「当日返し」とは、香典返しを葬儀やお通夜の当日にお渡しするケースのことです。「即日返し」とも呼ばれます。当日返しをする際は、いただいた香典の金額相場にかかわらず一律で同じ品物をお返しするのが一般的です。具体的な金額相場としては、2,000~3,000円程度だと考えると良いでしょう。

しかし高額な香典をいただいた場合、当日の返礼品だけでは十分でないこともあります。その場合は忌明け後に別の品物を贈り、改めて感謝の気持ちを伝えましょう。「香典の半額」から「お渡しした返礼品の金額」を差し引いた額を目安に品物を選ぶのが良いです。/p>

香典返しを辞退された場合は?

遺族の負担に配慮して、参列者の方が香典返しを辞退されるケースもあります。香典返しを辞退された場合は、相手の配慮を素直に受け取りましょう。代わりに電話やお礼状、手紙などで感謝の気持ちを伝えることで、お互いが気持ちよく故人を供養できます。

香典返しを贈る際の基本マナー

香典返しを贈る際のマナーを解説します。相手に不快な思いをさせないよう、基本的なマナーをしっかり押さえましょう。

手渡しであれば挨拶状は不要

香典返しの品物を手渡しする場合は、挨拶状は必要ありません。しかし、挨拶状が添えてあっても特に問題はありませんのでご安心ください。

表書きは「志]

香典返しの表書きには「志」と書きましょう。地域や宗派によっては「茶の子」「偲び草」と書いて送るケースもあります。

贈る相手との関係性を考慮して

香典返しを手渡しする際、故人(または自分自身)とお渡しする相手の関係性を考慮して挨拶することも大切です。たとえば故人が生前お世話になった方への挨拶には、香典をいただいたことに対する感謝の気持ちと、葬儀や法要が無事終了したことなどを書き留めておきましょう。職場の同僚や上司へは、心遣いへの感謝と急なお休みをいただいたことへのお詫び、職場へ復帰する旨を伝えるのが無難です。。

お礼状は重ね言葉などの忌み言葉に注意

宅配便や郵送で香典返しを贈る場合、挨拶状やお礼状を添えるのが一般的です。書面には感謝の気持ちやお礼の言葉、法要が無事終了したことの報告を盛り込みます。このとき、「度々」「くれぐれも」「ますます」という重ね言葉を使わないようにするのがマナーです。これは、葬儀や法要における重ね言葉には、「不幸が重なる」という良くない連想があるためといわれています。また、「続いて」「繰り返す」など不幸が再び繰り返されることを連想させる言葉も忌み言葉とされます。知らず知らずのうちに忌み言葉を使ってしまわないよう、確認しながらお礼状を書くと良いでしょう。。

地域によって異なる香典返しの相場・習慣

前述したとおり、香典返しの相場金額は半返しが一般的です。とはいえ、これらの習慣は全国共通ではありません。地域によっては、香典返しの相場や習慣そのものが大きく異なることもあります。

香典返しそのものを受け取らない地域

埼玉県や栃木県、群馬県などの一部地域では、香典返しを受け取る習慣がないケースがあります。これは、戦後すぐの混乱期に生まれた「新生活運動」という住民運動の名残だとされています。新生活運動は「冠婚葬祭の費用をできる限り減らし、戦後すぐの混乱からなるべく早く立ち直って生活の向上を目指そう」という方針のもと生まれた運動のことです。運動の一環として「香典の金額を明確に決める」、「香典返しを受け取らず喪主や遺族の方の負担をできる限り減らす」という取り決めがされていました。。

前述の地域にはこの新生活運動の習慣が残っているのです。たとえば埼玉県の入間市では香典の金額は3,000円まで、会葬礼状以外の香典返しは一切贈らないという取り決めがあります。同じく埼玉県の伊奈町では、「香典の金額は2,000円以内・香典返しは行わず参列者への飲食による接待も行わない」という取り決めがされています。。

群馬県高崎市では香典の金額を1,000円までとし、香典返しは受け取らず礼状のみ受け取ることが推奨されています。またお通夜の席では、お清めの塩やカップ酒を出さないようにするという取り決めもされています。

このように、新生活運動の名残が残っている地域では香典の金額相場が必然的に低くなります。それに伴い、香典返しが不要とされることがあるのです。

北海道では当日返しが主流

北海道の香典返しは、葬儀の当日に香典返しをお渡しする「当日返し」が主流です。高額な香典をいただいた場合はこの限りではありませんが、「葬儀におけるお互いの負担を減らせるようにしよう」という考え方が基本になっています。香典返しの金額相場としては1,000~1,500円程度で、品物としてはお茶やコーヒー、海苔などの食品が一般的です。また、タオルセットなどの日用品も定番の品物です。

北海道の葬儀や法要の習慣は、本土と大きく異なります。香典返し以外にも違いがあるのです。たとえば祭壇の前で親族の集合写真を撮影したり、火葬場から戻った後にそのまま繰り上げで四十九日法要を執り行なったりします。北海道は土地が広く、親族が遠方に散っていることも珍しくありません。親戚一同が集まる機会が必然的に少なくなるため、告別式と同時に繰り上げで四十九日法要を済ませるという発想が定着したといわれています。

関西の香典返し「満中陰志」とは

関西の香典返しでは、半返しが基本的です。この点は、一般的な香典返しと変わりません。また関西の一部エリアでは、香典返しを贈る際に「満中陰志(まんちゅういんし)」という用語がよく使われます。これは、四十九日を経て故人が無事成仏できたことに対し感謝するという気持ちが込められた用語です。これにあわせて、香典返しの表書きに「満中陰志」と記すケースも多くみられます。品物としては、ほかの地域と同じくお茶やコーヒー、洗剤やタオルなどの「消え物」が望ましいとされています。

沖縄の香典返しの相場はやや低め

沖縄の香典の相場は、友人・知人の場合であれば1,000~5,000円ほどです。それにともない、香典返しの金額もやや低めになります。これには「不幸が重なることを防ぐため、大きなお金を積む(重ねる)」という意味合いがあるとされています。くわえて沖縄の葬儀には、200人近くの弔問客が訪れることも少なくありません。これは新聞に葬儀の情報を告知する荼毘(だび)広告が掲載されるためです。よって、香典の金額が少なくても葬儀負担を軽減するのには十分なのです。

沖縄の香典返しは、北海道などと同じく当日返しが主流です。金額相場としては1,000~1,500円ほどで、タオルやコーヒーなどの品物を選ぶのが定番です。香典の金額にかかわらず、参列者には一律で同じ品物をお渡しします。また、自治体によっては本土の新生活運動に準ずる取り決めを導入している地域も。その際の取り決め内容としては、香典の金額を一律1,000円と決め、香典返しは不要としています。

また、沖縄の香典返しではお礼状を贈ったりお礼の電話をしたりしないケースも少なくありません。沖縄の葬儀は弔問客が多く、個別の対応が難しいという現実的な理由があるためです。

香典返しの金額や対応に迷ったら

高額の香典をいただいたり、香典返しを辞退されたりすることもあります。知らないと「どうするのが正解なのか?」と迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そんなときは、親族の年長者や地元の葬儀会社へ相談するのが確実です。地域によっては、昔ながらのしきたりや伝統を重んじるところもまだまだあります。参列者とのすれ違いをなくすためにも、事前確認は重要です。

最も大切なのは感謝の気持ち

香典返しは、香典を通して故人を悼んでくださった方へ贈るお礼です。マナーを守ることや品物にこだわることはもちろん大切ですが、最も重要なのは感謝の気持ちです。地域差や相手との関係性を考慮しつつ、感謝の気持ちが伝わるような香典返しを選びましょう。


香典返し記事一覧