香典返しの時期について-香典返しのしきたりとマナー

香典返しの時期について

「香典返しはいつ?」とよく問いお合わせを頂きます。葬祭場にてその場で受け取ることがあったり、葬儀後に郵送されたり様々ですが香典返しの意味と基本を理解してお住まいの地域や風習も考慮して用意しましょう。

喪服に身を包み手を合わせる女性

?忌明け後?即日返し?

香典返しは「お通夜や葬儀でいただいた香典の返礼」として贈るものです。 本来、香典返しはお悔やみいただいた方々にお礼を伝えると共に、忌明け法要が無事に済んだことを報告する意味もあるので、忌明けの後に贈るのが正式なかたちです。
香典返しの金額/相場はこちらから

香典返しはいつ?

忌明け(四九日法要)の後に贈るのが一般的。

香典返しはいつまで?

忌明け(四九日法要)後1ヶ月以内にするのが無難です。実際には忌明け法要後の早い時期に贈られる方が多いようです。

即日返しが主流な地域も

香典返しに対する考え方は地域によって異なります。北海道や東北地方では即日返しをされることが多いようです。

忌明けの時期は、宗教・宗派により異なります

仏式

仏式の場合であれば、忌明けとなる49日の法要の後にお返しをするのが一般的です。 ただし、四十九日が年末もしくは年始にかかってしまうような場合は、四十九日の代わりに三十五日を忌明けとして、新年早々の正月に香典返しが届くよりも、年内に届くように配慮される方が宜しいでしょう。 ※年明けに四十九日の忌明けとして贈る場合は、松の内以降に贈ります。
仏事/法要の流れはこちらから

神式

神式の場合は五十日祭が仏式の四九日法要にあたり、五十日祭が終われば忌明けとして香典返しを贈ります。

キリスト教式

キリスト教には元々「忌明け」や「香典返し」という習慣はありませんが、お花料のお返しとして、返礼品を贈るのが一般的になっています。 カトリックの場合は、30日目に行われる追悼ミサが仏式の49日法要にあたり、 プロテスタントの場合は、1ヶ月後の召天記念日が仏式の49日法要にあたりますので、そこからそれぞれ一か月以内が香典返しの時期にあたります。

即日返しについて

お通夜や葬儀の当日に、香典を戴いたその場で会葬御礼とともに香典返しのお品をお渡しすることを即日返しといいます。 北海道や東北地方では即日返しをされることが多いようです。 即日返しには2つの方法があります。

  • 戴いた香典の金額に関係なく、香典を戴いた方全員に一律のお品を香典返しとしてお渡しし、高額の香典をいただいた方には、改めて忌明け後に相応のお品を贈る。
  • 香典の金額に応じて複数の香典返しのお品を用意しておき、その場でお渡しする。

即日返しの場合で会社の代表の方が預かった香典を複数お渡しして、その場で多くの香典返しを受け取られ運ぶのを目にしますが、わざわざお越しいただいた方に配送をしていただくのを見るに礼儀として違和感を覚えます。即日返しの場合でも臨機応変に対応することで先方に失礼のないようにしたいものです。

即日返しをされる習慣のない地域にお住まいの場合は、忌明け法要後の香典返しをオススメします。

会葬御礼と香典返しのちがい

「会葬御礼」は、突然にもかかわらず、貴重な時間を割いてわざわざお通夜や葬儀に来てくださった方に「感謝の気持」としてお渡しするものですから、香典を頂いていても頂いていなくても「参列いただいた全員の方」にお渡しします。一方、「香典返し」は香典を頂いた方に、香典のお礼として「香典返し」をお渡します。 まれに会葬御礼でお返しが済んだと勘違いされるケースがありますが、「会葬御礼」と「香典返し」は全くの別物なのでご注意ください。

香典返し記事一覧