お返しの基本は半返し?香典返しの相場について-香典返しのしきたりとマナー

香典返しの金額/相場について

香典のお返しはどのくらいすれば良いの?地域によって風習も違い考え方もそれぞれですが、基本を理解した上で香典返しの品物選びにお役立てください。

香典袋とお金と袱紗イメージ-表書き御仏前

香典返しの基本は「半返し」

香典返しは「半返し」と言い、一般的にはいただいた香典の半分程度の金額の品物を選んでお返しします。
例えば10,000円の香典をいただいた場合は、5,000円程度の品物を「香典返し」としてお返しします。 同様に5,000円の香典の場合は、2,500円、3,000円の香典の場合は、1,500円程度の品物をお返しします。

以前は、関東では「半返し」、関西は「3分の1返し」が一般的と言われていましたが、 今は人の移動や往来も多くなり地域性もずいぶん薄れてきていますので、単純に関東、関西というだけで金額を決めるのは難しい時代です。
香典返しに相応しい品物はこちらから

「香典返し」は後からやり直しはききませんので、基本は「半返し」と考えておく方が安心です。

ただし、高額の香典をいただいた場合や特別な事情によっては香典返しの金額も3分の1もしくは、香典返しをしないこともあります。

高額の香典を頂いた場合

親族や身内からいただいた高額の香典には、「葬儀の足しに」あるいは「今後の生活の足しに」など扶助の意味合いもありますので、必ずしも「半返し」が必要ではありません。 香典が高額の場合、一般的には頂いた香典金額の3分の1程度の品物を「香典返し」としてお返しすれば問題はないと言われていますが、 地域の慣習や親族間の暗黙の了解が存在することもあるので注意が必要です。迷った時には、 地域の慣習に詳しい葬儀社や近しい親戚に相談されることをおすすめします。

一家の大黒柱・働き手が亡くなった場合

お子さんがまだ幼かったり未成年の場合などは、香典は遺族の今後の生活のために使ってくださいという配慮から、 香典返しは3分の1程度をお返しするか、香典返しをしなくても問題はありません。
ただし、香典返しをしない場合は、必ずお礼状だけは送って感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしてください。

生前のお見舞いのお返し

入院中にお見舞い頂き退院した場合には、「快気祝」あるいは「御見舞御礼」としてお返しをしますが、 残念ながらそのまま亡くなってしまった場合は、お返しができないままになってしまいます。 お返しできないままの状況で亡くなり、さらに葬儀で香典もいただくようなケースがあります。 そのような場合、最近は香典返しといっしょにお見舞いのお返しもするのが一般的になっています。

お返しの方法としては2つの方法があります。

「お見舞のお返し」と「香典のお返し」をそれぞれ別にお返しをする方法

時期的には忌明けの法要後に、お見舞いのお返しには「御見舞御礼」、香典返しには「志」などののし(掛紙)に挨拶状をつけ、それぞれが何に対してのお返しかがわかるようにしてお返しする方法です。

「香典返し」と「お見舞いのお返し」をひとつにまとめてお返しをする方法

この場合も「半返し」が基本ですので、例えば香典で一万円、お見舞いで一万円をいただいた場合は、その合計二万円の半額、一万円がお返しの目安になります。
「お見舞いのお返し」も兼ねた「香典返し」の品には、通常の香典返しの挨拶状に加えてご覧のようなお見舞いカードを添えることで、お見舞いのお返しも含まれていることが先方様にも伝わり安心です。
生前のお見舞いのお返し専用カード
※お見舞いと香典のどちらもお返しをするのは、限られた方一部の方になると思われますので、香典返しの挨拶状は香典のお礼にとどめ、 お見舞いにはお見舞いカードで対応すれば、わざわざ挨拶状を別に作る必要もありません。

香典返し記事一覧