香典返しのしきたりとマナー
  • HOME
  • 香典返しのしきたりとマナー

香典返しのしきたりとマナー

知ってるようで知らない香典返しのしきたりとマナーをご紹介いたします

香典袋の表書き御香奠のイメージ

香典返しとは

そもそも香典返しとは「香典・玉串料・花料・御供」など故人にお供えいただいた方へ「忌明け法要が無事に済んだことのご報告」と「お供えのお返しとして感謝を伝える返礼品」です。 「香典返し」は関西では「満中陰志」、また中四国、九州地方の一部の地域では「茶の子」と呼ばれています。 香典返しの品物につける表書きは宗教宗派を問わない「志」をはじめ「満中陰志」「忌明志」「偲草」「茶の子」など様々なものが用いられます。 お住まいの地域、しきたり、宗教によって使い分けましょう。

香典の意味と漢字

正式には「香奠」と書きます

「香典」ではなく正式には「香奠」です。「奠」の文字には「神仏に物を供えて祭る/さだめる/そなえる/まつる」などの意味があり「香」は香・線香を表します。 香典は神仏に「香・線香」を供えると言う意味があります。 「奠」は常用漢字でないために現在では「香典」と書くのが一般的になってきています。 年配の方など気にされる場合がありますので不祝儀袋を選ばれる際には「御香奠」を選ばれると良いでしょう。

香奠の文字以外にも一般的になっている呼称が多々あります。 例えば「喪家」を「もけ」「そうけ」と読んだり、「葬家」と書いたりする場合がありますが、正しくは「喪家(そうか)」です。 また「掛紙」を一般的には「熨斗(のし)」と言われるケースが多いですが、熨斗は慶事にしか用いません。

香典返し記事一覧

法事法要に関する記事一覧