香典返しに相応しい品物、相応しくない品物

香典返しに相応しい品物

香典返しは、不祝儀をいただいた方々に感謝の気持を込めてお返しする大切な贈り物です。 失礼のないマナーで香典返しに相応しい品物を贈りたいものですが、めったにないだけに、どのような品物が相応しくてどのような品物がタブーになるのかなどわからないことも多いのではないかと思います。 ここでは、香典返しに相応しい品物やタブーとされている品物をご紹介します。

香典返しで人気の品物:お茶のイメージ

香典返しの定番「消えもの」とは、そして最近の傾向は?

香典返しでは、不祝儀を後に残さないという考え方から「消えもの」を贈るのが好ましいとされています。「消えもの」とは、「食べるとなくなる」お茶やコーヒー、調味料などの食品や、「使えばなくなる(消耗する)」タオルや洗剤など日常の消耗品のことをいいます。 今でも、こういった定番の「消えもの」は無難ということもあり、依然として香典返しの品物として人気があります。

お茶古くからの習慣で、故人を偲ぶものとして、お茶が使われてきました。
繊維製品
タオル
実用品として皆様に広く、使われています。
石鹸/洗剤先様に不幸が及ばないように「消えて流れる」無難なお返しとして使われています。
陶器土に帰るといわれ、故人の冥福を祈る物として使われてきました。
漆器不幸を塗りつぶす物として多くの人に仏事のお返しとして使われています。
金物
光物
鉄器、ステンレス、アルミ、銅等の金物(光る)は魔除けとして広く使われております。
砂糖慈愛を表現するものとして使われ、また消耗品であることから先様へ不幸が及ぶのを消滅させるといわれております。

また、最近では「消えもの」中にもこだわりのある品物が増えています。 例えば、こだわりのあるジャム&ドレッシングのセット、上質感のある今治ブランドのタオルやセレクトショップのタオルなどが人気です。 せっかくお返しをするのですから、感謝の気持が伝わるよう少しでも喜んでもらえるような品物をお返ししたいですね。
香典返し・法要引き出物:金額別人気ランキング

定番化したカタログギフト

受け取った人が好きな品物を自由に選べるカタログギフトが香典返しの定番になってきました。 せっかくお返しをするのですから、できれば受け取った相手に喜んでもらいたいのは誰しもですが、何を贈ったら喜ばれるのか悩んでしまいます。 そうしたことから、贈った相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトが香典返しに選ばれるようになりました。 高額のお香典をいただいた場合など、お返しする品物に本当に困ってしまうことがありますが、カタログギフトならたくさんの品物の中からお好きなものを選んでいただけるので安心して贈ることができます。 特に最近は、「品揃えが超充実したカタログギフト」「ハイセンスなカタログギフト」「日本にこだわったカタログギフト」「日本の食べ物にこだわったカタログギフト」などカタログギフトも こだわりを持った高品質なカタログが増えていますので贈る相手にあわせてカタログギフトを選ぶこともできます。

香典返しにオススメのカタログギフトと掲載商品

香典返しに相応しくない品物

昔から避けられてきた「四つ足生臭もの」と言われる「生肉」や「生魚」や、慶事を象徴するおめでたい席の定番といわれる「松竹梅や鶴亀のつくもの」「紅白の組み合せ」「鯛」「鰹節」や「昆布」はタブーになるので避けてください。 また商品券は金額が明記されている金券ですから、「お金と同じ」と考える方もいますので、贈る相手によっては避けられた方が良いかもしれません。 香典返しに商品券を贈ることはタブーではありませんが、贈る場合には目上の方は避けるなど気配りが必要です。

カテゴリーから香典返しを探す

香典返し記事一覧